射精が早過ぎることが何度もあれば早漏を疑おう

自分がもしかしたら早漏なのかもしれないと感じたときは、その可能性があると考えましょう。
また何度も射精が早過ぎるということがあれば、早漏になります。
そのほかではパートナーから指摘されたというのであれば、パートナーの個人的見解によってその判断は異なりますが、パートナーにとっては早過ぎるということにもなるでしょう。
何度も早漏であることを自覚や指摘されると、男性としての自尊心を失うことにもなります。
そんなことが何度も続くと性行為自体を避けることにもなるでしょう。
そのようなことになるとセックスレスとなり、パートナーとの仲を繋げるスキンシップが妨げられることになりますので、カップル解消ということにもなり兼ねません。
射精するのが早過ぎることを何度も指摘された、そして自覚された人はまず早漏であることを疑って改善策に力を借りて見ましょう。

改善策は主に治療薬を用いるのが手っ取り早いです。
性行為の前に服用することで、5時間ほど効果がありますので、性行為に耽る時間としては困ることはないでしょう。
射精をコントロールする治療薬になりますので、快楽が左右されるということはありません。
一方快楽を妨げられる治療薬というのもあります。
亀頭を麻痺させて、刺激から遠ざけて射精をコントロールする治療薬です。
性行為という本質に問題点を提唱する治療法ですので、抵抗感がある人も多いですが、時間を引き延ばすことができる改善策になります。
またパートナーと一緒に取り組むトレーニング方法もあります。
寸止めを繰り返すという方法です。
しかしこれはパートナー側の負担も大きいことが問題になるでしょう。
改善策それぞれに問題点がありますので、メリットデメリットをよく理解して行いましょう。

関連トピックス